電子契約はペーパーレスとコストの削減に役立つ

電子契約はペーパーレスとコストの削減に役立つ

電子契約はペーパーレス化に役立つサービスです。
自社のペーパーレス化とコスト削減に悩んでいる企業も多いのではないでしょうか。
電子契約では電子データを使用し、通常の署名契約で行なっている押印は電子署名を使います。
基本的にはインターネットを通してすべてコンピューター上で行われるため、書面でのやり取りはありません。
書面契約を行う場合、当事者同士でそれぞれ控えを保管する必要があります。
電子契約ではサーバー上に控えが保管されるため、紙の書類として残さずに済み、ペーパーレス化を進めることができるでしょう。
単純に紙を印刷するコストが削減できる他、神少年を管理する場所と負担を期限できるのもポイントです。
書面契約で紙の書類を使う場合、紙は保管方法が良くても時間経過で劣化していきます。
また、書面を第三者に持ち出しされることで情報漏洩の危険などもあります。
電子契約によるペーパーレス化は、これらの危険を回避することをできる方法です。

電子契約サービスは取引先企業も利用しやすいものを選ぼう

オンラインで契約手続きをすることができる電子契約サービスは、近年利用を検討している企業も増えているサービスですがどのような点に注意して選ぶべきかという疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。
そのような場合には、自社と取引先のどちらにとっても使いやすいかを検討して選ぶことをおすすめします。
便利な機能の有無やセキュリティの高さは、電子契約システムを選ぶ際の重要なポイントです。
しかしそれだけでは、取引先にスムーズに契約をしてもらうためには不十分である可能性があります。
電子契約システムによっては、取引先の企業もそのサービスのアカウントを取得しなければ利用できなかったり、利用料金がかかってしまったりすることもあります。
もし使いにくく不便であるのなら、せっかくの契約の機会を逃すことも考えられるでしょう。
そのため相手が抵抗なく使えるかどうかが重要です。
もちろん自社にとっても使いやすいかどうかも大切になります。

著者:土本繁幸

筆者プロフィール

三重県津市生まれ。
ペーパーレス化に伴って、コスト削減に役立つ電子契約のサービス内容について執筆しています。